日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)とユニリタ(竹藤浩樹社長)は7月7日、ビジネスパートナー基本契約を結んだと発表した。これに伴い、NSWが提供する運用サービスで、ユニリタのITIL準拠ITサービス管理ツール「LMIS on cloud(エルミス オン クラウド)」の活用と導入支援サービスを開始した。

 LMIS on cloudは、サービスデスク機能を中心としたITサービス全体を適切に管理する仕組みをクラウド上に構築した日本初のサービス。ITサービスに関わる情報(イベント管理、インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理、構成管理)をCMS(構成管理システム)とワークフローで一元管理する。これにより、システムの開発からテスト、本番移行、サービス提供の各フェーズで発生した情報を利用者、管理者、提供者で共有することで、継続的な改善とITサービスの品質を向上させるためのライフサイクル管理を実現できる。

 また、運用サービスの管理ツールとしては、国内トップクラスの導入実績をもち、大手航空会社(全日本空輸/ANAシステムズ)や食品会社(日清オイリオグループ)など幅広い業界の企業に導入されている。

 NSWでは、運用設計や運用アセスメントサービスでLMIS on cloudを標準パッケージとすることで、顧客の運用設計工程の短縮化を図るとともに、レポート機能を活用した情報の可視化による継続した運用改善を図り、さらなる品質向上と効率化を目指す。

 今後は、顧客の運用サービスへの導入支援を行うとともに、自社データセンターの運用業務にも導入する予定。同社では、LMIS on cloudのサービスを10ユーザーIDで年額48万円(初期登録費用、導入教育と初期設定費用は別途)から提供し、3年間で40社への導入を見込んでいる。