データ・アプリケーション(DAL、武田好修社長)は、企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバー「ACMS E2X」と企業間電子商取引に対応するB2Bサーバー「ACMS B2B」の最新版バージョン4.5と、EDIクライアント・ソフトウェア「ACMS Lite Neo」の最新版バージョン1.8を、7月29日に発売した。

 ACMS E2XとACMS B2Bの最新版では、従来から提供していたインターネット対応プロトコルINET-Z手順を複数の取引先とのEDIや大規模なEDIサービスにも適用でき るように、複数の電子証明書(証明書)の取り扱いを可能にした。さらに、INET-Z手順を全銀TCP/IP手順(拡張Z手順含む)に統合、よりセキュア で柔軟なEDI環境が構築できるようにした。また、ACMS Lite Neoの最新版でも、従来の全銀TCP/IP手順に新たにINET-Z手順を組み込み、インターネットを介したEDIが可能となった。

 INET-Z手順は、全銀TCP/IP手順をSSL/TLSプロトコルで暗号化、インターネットを利用した場合でもセキュアにデータ交換が行える標準仕 様を利用した通信プロトコル。従来の全銀TCP/IP手順にINET-Z手順を組み込むことで、全銀TCP/IP手順の適応回線をISDN(回線交換)だ けでなく、インターネットも選択できるようにしている。

 税別価格は、「ACMS E2X」が150万円から、「ACMS B2B」が100万円から、「ACMS Lite Neo」クライアントOS版が12万円から。