エフセキュア(キース・マーティンカントリーマネージャ)は12月20日、Amazon API Gateway上で動作する新しいURLチェックAPI「F-Secure Security Cloud API for AWS」を、アマゾンウェブサービス(AWS)のAWS Marketplaceで提供すると発表した。

 このURLチェックAPIは、Amazon API Gateway上で実行され、クラウド内の悪意のあるコンテンツのURLをチェックし、コンテンツタイプ別に分類する。AWS Marketplaceで注目APIグループのひとつとして選定されており、リンクや共有機能を備えたあらゆるクラウドサービスのセキュリティを強化する。

 安全なリンク共有を確保する専用のセキュリティコンポーネントをAWSの顧客に提供。顧客企業は、社内製品やAWS上で提供される商用製品・サービスに統合することで、エフセキュアのスレットインテリジェンスエンジンへの直接接続が可能となる。

 「F-Secure Security Cloud」により、APIはパフォーマンスを損なうことなくリンクの安全性を検証。悪意のあるリンクをブロックして検疫し、管理者がさらなる分析と処理を行うためにログに記録し、フラグをつけることが可能だ。URLはコンテンツのタイプに応じて分類され、不審なコンテンツ(ヘイト、アダルトなど)にはフラグをつける。これによって、クラウドサービスがマルウェアや不要なコンテンツを広めることを防ぎ、IT管理者は脅威を調査して対応することが可能となっている。