ecbeing(林雅也社長)は2月1日、中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」の新モデル「ecbeing SaaS」の正式提供を開始した。

 ecbeing SaaSは、フレームワークや各種機能は今までのパッケージ版と同じままに「システムの陳腐化を防ぐ無償バージョンアップ対応」「カスタマイズ可能」「さらに導入しやすい新価格プラン」を実現した次世代のサービス提供形態。この新モデルにより、今後は、業務規模や要望に応じて、パッケージ版とSaaS版の複数のサービスから、EC事業者にフィットしたECサイトの構築提案が可能となる。

 また、今回のecbeing SaaSでは競合他社のECサイト構築サービスと比較し、パッケージで培ってきた豊富な機能数と操作性、さらに400人を超える安定した開発体制でサポートを行う新たなSaaSモデルとして提供する。