ecbeing(林雅也社長)は11月4日、CRI・ミドルウェア(CRI、押見正雄社長)と提携して中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」とCRIのウェブ動画ミドルウェア「LiveAct PRO」を連携、ecbeingで構築したECサイトでの動画自動再生サービスを11月中旬から提供すると発表した。

 提供する動画自動再生機能は、国内ECサービス初の動画オプションサービス。これまではスマートフォンでの動画自動再生にはスマホアプリの導入が必須だったが、LiveAct PROをベースにECサイトに最適化した形で提供するため、スマホアプリが不要で動画を自動再生することが可能となった。

 具体的には、閲覧者の操作で商品をさまざまな角度から見せられる「インタラクティブ動画」、商品説明と商品紹介動画を同時に見せられる「インライン動画再生」、FLASHのような動きのある演出が作れる「HTML+動画の演出」、動画内の商品を買い物かごに入れられる「動画内リンク」など、商品のサムネイル画像に代わる新たな商品の表示が可能となる。さらに、LiveAct PROの活用により、従来の動画フォーマットに比べて極めて小さいデータ量(単純な映像で約100分の1)で実現することができる、としている。