アリスタネットワークスジャパン(アリスタ、朴文彦社長)とヴイエムウェア(ジョン ロバートソン社長)、ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)の3社は1月31日、ネットワンシステムズが開発・提供する新たなクラウドネットワークソリューションパッケージの戦略的提携に合意したと発表した。

 今回の提携は、クラウド基盤とネットワークをより密接・セキュアに統合し、既存投資の保護と将来技術への柔軟な対応も実現する新たなクラウドネットワークソリューションをネットワンシステムズがいち早く開発。パッケージ化して導入・利活用しやすい形で提供することによって、拡大する市場で主要なポジションを獲得するのが狙い。ソリューションパッケージの構成要素としては、アリスタが仮想ネットワークソフト「Arista vEOS」とネットワーク管理ソフト「Arista CloudVision」を、ヴイエムウェアが仮想ネットワークソフト「VMware NSX」やクラウド基盤製品群を提供する。これによって、ネットワンシステムズが、ネットワークとクラウド基盤のデザイン/インテグレーション技術を通じて、これらの製品を組み合わせたクラウドネットワークソリューションを日本の顧客が簡単に導入・利活用可能な形にパッケージ化する。

 このソリューションパッケージの当初のターゲットはクラウド基盤とし、「クラウド基盤とネットワークの有機的な統合およびセキュリティの向上」「クラウド基盤全体の可視化(テレメトリ)・自動化による、運用負荷の大幅な削減」「オープンな仮想ネットワークによる、既存のネットワークに対する投資保護と、将来技術導入での柔軟性の確保」の実現を目指す。今後、3社はビッグデータ活用に向けたセキュアな企業内/企業間/クラウド間の仮想ネットワークや、柔軟性の高いエッジコンピューティングの実現に向けたIoTネットワークなど、ソリューション適用範囲の拡大を図る予定。