日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、同社が提供しているIoTクラウドプラットフォーム「Toami」を、マイクロソフトのMicrosoft Azure上に構築し「Toami on Azure」として2月21日に提供した。

 同社は、2013年からIoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームとしてToamiを展開してきた。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現し、収集したデータの見える化や機器制御、データ分析などが可能なサービスとして多くの顧客に提供している。今回、Toamiをより多くの顧客に提供可能なサービスとするため、エンタープライズ分野で豊富な実績のある日本マイクロソフトと連携し、Microsoft Azure上で動作するToamiの構築を実現した。

 Toami on Azureでは、Toamiで収集・蓄積したデータを、Azure Machine LearningやPower BIといったAzureの機能とシームレスに連携し、最大限活用することができる。また、世界各国にデータセンターを保有するマイクロソフトのリソース活用により、グローバルでのサービス展開のサポートやBCP/DR対策が可能となる。

 ビジネスユースではクラウドサービスの安全性が問われるが、企業採用の実績豊富なAzureのSLAに準じたクラウド環境を提供する。また、すでに社内システムをAzureで構築している顧客は、同じ環境にToamiを構築することが可能となり、社内システムとの連携を図ることができる。