東芝ITサービス(永田友久社長)は4月5日、産業用低圧太陽光発電事業者向けO&M(Operation&Maintenance)サービスの提供を開始したと発表した。

 4月1日に「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(改正FIT法)」が施行されたことに伴い、低圧太陽光発電所に対しても安定的な電力供給ができるよう発電所の定期的なメンテナンスや緊急時の対応体制などが求められている。今回、東芝ITサービスでは、こうした低圧太陽光発電メンテナンス需要の高まりを受け、メガソーラで培ったメンテナンスノウハウや全国サービスネットワーク網を生かしたO&Mサービスを提供する。

 O&Mサービスは、低圧太陽光発電所の監視装置から上がってきた異常値を東芝ITサービスのリモート監視センターで24時間365日監視。異常があった場合、必要に応じ発電所の事業者に代わって現地へ駆けつけ一次対応を行う。また、発電所を訪問し、定期点検の実施と、その結果レポ-トを発行する。とくに、発電所が遠隔地にあり、定期的な確認・点検や、障害時の急な対応が困難な事業者に有効なサービスとなっている。

 東芝ITサービスは、ドライ・イー(川口智生社長)とNTTスマイルエナジー(谷口裕昭社長)との連携体制により、4月1日にサービスの提供を開始した。3社連携によって構築したメンテナンススキームは、東芝ITサービスがNTTスマイルエナジーの太陽光発電遠隔モニタリングサービス「エコめがね」を活用し、発電状況の監視モニタリングを行い、障害発生時に顧客に連絡して必要に応じて現地での一次対応を行う。顧客との契約はドライ・イーが主体になるとともに、東芝ITサービスの一次対応で改修工事などが必要と発覚した場合、ドライ・イーが別途改修工事を請け負うスキームとなる。

 O&Mサービスの提供を通して、東芝ITサービスでは、低圧太陽光発電事業者の課題となっている遠隔地への駆付けを含んだ緊急体制を可能とし、改正FIT法で求められている安定した電力供給体制を支援していく。サポートサービスの充実・拡大を図り、5年間で1万件のサービス提供を目指す。