SAPジャパン(福田譲社長)は4月18日、「SAP Cloud Platform」(従来のSAP HANA Cloud Platform)に新機能や拡張機能を搭載して強化し、標準的なPaaSから、デジタル変革に直面する企業を支援するイノベーティブなクラウドプラットフォームとして推進していくと発表した。また、同社では、SAP Cloud Platformの技術者を養成する施策として、3月に認定制度を開始し、エコシステムの拡大にも注力する。

 今回のSAP Cloud Platformの機能強化では、「SAP Cloud Platform SDK for iOS」を4月に提供を開始した。SAP Cloud Platform SDK for iOSは、SAP Cloud Platformと統合した高度なiPhone/iPad用エンタープライズアプリをすばやく簡単に開発するためのツールと拡張性を提供する。開発には、Appleの最新のプログラミング言語であるSwiftが使用可能。SDKには、アプリの開発効率と利便性を向上する、作成済みのユーザーエクスペリエンス(UX)コンポーネントや、最新のデバイス機能(Touch ID、位置情報サービス、通知など)へのアクセス機能も豊富に用意している。

 また、SAPのIoTポートフォリオ「Leonardo(レオナルド)」のコア基盤となるSAP Cloud Platformでは、IoTサービスによるデバイス管理機能で、40以上のデバイスプロトコルをサポートしている。新しいリリースでは、このIoTサービスをSAP Cloud Platform Streaming Analyticsサービスと統合することで、ストリーミングデータの高速な処理が可能となった。

 さらに、「SAP Cloud Platform Workflowサービス」を4月に開始した。同サービスによって、ビジネス機能間の接続が迅速・簡単になり、エンタープライズビジネス機能を再定義することができる。ビジネスアナリストは、グラフィカルインターフェースを使って、さまざまなビジネスプロセスを組み合わせ、新しいワークフローをすばやく作成できる。このほか、「SAP Cloud Platform Big Data Services」(旧Altiscale)では、ビッグデータアプリケーションの基盤としてクラウド上のHadoopサービスを提供する。

 あわせて、SAPジャパンでは、東京のデータセンターでSAP Cloud Platformの運用を開始し、本格的にサービスを開始した。これにより日本市場での規制や環境接続性などに不安をもっている顧客も、これまで以上に安心・効果的にサービスを利用し、自社のイノベーションにSAP Cloud Platformを活用できるようになった。さらに、国内データセンターを利用したSAP Cloud Platform上で、グローバルで実績をもつ業種向けクラウドソリューション「SAP BusinessObjects Cloud」、「SAP Vehicle Insights」、「SAP Sports One」のサービス提供を開始した。