【台北発】コンシューマ系のユニークな製品・サービスを主に展示する総合コンピュータ見本市「COMPUTEX TAIPEI 2017」。最近では「IoT」をメインテーマの一つに据えているだけあって、法人向けソリューションが体験できるイベントとしての位置づけも色濃くなってきた。台湾の大手ベンダーであるベンキューをはじめ、マイクロソフトやスーパーマイクロは、会場内の「Systems & Solutions」というエリアで、IoTをアピールしていた。

 2010年以降、医療関連ビジネスの本格化を図ったベンキューのブースで目立っていたのは、自動で医療器具を運搬することに特化したロボット「MiBot」。病院内では、緊急のオペが行われるケースがあり、その際、医療器具を迅速かつ正確に運ぶ必要がある。このような問題を解決するのにMiBotは役立ち、また人手不足の解消にもつながるのだ。
 
201705311631_4.jpg
医療器具を自動で運搬する「MiBot」

 マイクロソフトは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で実現するIoTとマシンラーニングの世界を披露。ロボットの操作やホームセキュリティ、ビルなどのメンテナンスが可能であることを訴えていた。
 
201705311631_5.jpg
台湾のTECHMAN ROBOTのスマートロボットとMicrosoft Azureを組み合わせたソリューションを展示

 サーバーメーカーとして知られるスーパーマイクロは、マザーボードの開発力を生かした「IoTゲートウェイソリューション」を出展。スマートホームをイメージして、家電を管理・制御するデモを実施していた。(佐相彰彦)
 
201705311631_6.jpg
スーパーマイクロが実現するスマートホーム