NTTテクノクロス(串間和彦社長)は7月19日、ウェブ型集計・分析ツール「BizSpread」を8月1日に発売すると発表した。税別価格は3ユーザー利用で月額6万円、1年契約の場合は年額60万円、トレーニングオプションは20万円。

 BizSpreadは、大容量データであっても手軽にデータ分析が可能なウェブ型のBI(ビジネスインテリジェンス)サービス。つまずきそうなポイントを丁寧に解説したマニュアルや、FAQ・サンプルグラフを用意しており、これまでBIツールを使ったことがなくても容易に使いこなすことができる。また、実際の環境を使ってのトレーニングオプションも用意している。使い勝手もよく、ドラッグ・アンド・ドロップで分析グラフを簡単に作成できるため、属人的にならず誰でも簡単に集計・分析業務を行えるようになる。

 「使い勝手を十分に確認してから実運用を開始したい」「いきなり1年契約は導入の敷居が高い」という声に応えるため、最低1か月から利用可能な契約形態を用意している。実際に使ってみて、自社に導入することで効果が期待できるものなのかを検証してから、本格運用を始めることができる。

 分析結果は、伝えたい内容を視覚的に表すことができるように、50種類以上のグラフ表示が可能で、自由な発想でさまざまなグラフが作成できる。また、表計算ソフトでは、別のツールを使って取り込む必要があったGoogle AnalyticsやSalesforceの情報を、BizSpread上で自動的に取り込むことができるため、例えばウェブでの閲覧件数と、売り上げの関係を見る、といった異なるデータの相関関係も容易にスピーディに分析・表示することができる。