マクニカネットワークス(池田遵社長)は8月22日、特権アカウント管理製品を提供するCyberArk Software(CyberArk、本富顕弘社長)と販売代理店契約を結び、CyberArkの「Privileged Account Security(PAS)」の提供を開始すると発表した。

 PASは、特権アカウント管理に生じる課題をワンパッケージで解決し、組織の特権アカウントの管理・保護の強化を実現するソリューション。CyberArkの特許技術を用いたPASソリューションの中核となる「Enterprise Password Vault(EPV)」製品により、ポリシーに基づいた特権アカウントのパスワード自動変更や、利用ユーザーごとにアクセス可能なシステムを設定。「誰が」「いつ」「どの」特権アカウントを利用したのか、といったログの取得を実現し、特権アカウントの認証情報の保護・管理・監査を確実に行うことができる。

 さらに、オプション製品である「Privileged Threat Analytics(PTA)」を利用することで、特権アカウントの利用履歴をリアルタイムに分析し、悪質なユーザーの振る舞いを検知・警告することが可能。EPVでの確実な特権アカウント管理に加えて、PTAによるサイバー攻撃や内部不正に対する動的解析を行うことで、従来の特権アカウント管理製品では難しかった高度なセキュリティ対策を実現する。

 今後、マクニカネットワークスでは、CyberArkの販売代理店として、PASソリューションを日本国内に展開していく方針。