マクニカネットワークス(宮袋正啓社長)とアズジェント(杉本隆洋社長)は、8月20日、マカフィーが提供する次世代ファイアウォール製品「McAfee Next Generation Firewall(McAfee NGFW)」の販売と監視サービスの分野で協業を開始すると発表した。

 今回の協業で、McAfee NGFWの国内販売代理店であるマクニカネットワークスは、エンドユーザーに製品とともに専門知識に裏付けされた構築・技術サポートを提供する。一方、アズジェントは「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対象デバイスにMcAfee NGFWを追加し、監視サービスを提供する。また、セキュリティオペレーションセンター(SOC)のセキュリティ専門のアナリストが、McAfee NGFWの各種ログを継続的、相関的に24時間365日監視・分析し、攻撃や侵入の可能性が高いと判断したセキュリティイベントの通知を行う。

 これにより、McAfee NGFWのユーザーは、構築、運用、監視まで含めた一連のトータルサポートを受けることが可能になり、McAfee NGFWのもつ検知能力を十分に発揮するとともに、自社でSOC機能をもつことなく、24時間365日の運用監視、セキュリティ専門家の知識を得ることができる。

 両社では今後、より高度なサイバー攻撃への対策に対する顧客の要望に応え、McAfee製品とマネージドセキュリティサービスの拡販につなげていく。