エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、インテルコーポレーションが提供するアプリケーションのパフォーマンスと信頼性向上のためのソフトウェア開発ツールスイートの新バージョン「インテル Parallel Studio XE 2018」を9月13日に発売した。

 インテル Parallel Studio XEは、最新または将来のインテルプロセッサのパフォーマンスを引き出すコードを、高速・簡単に開発できる開発ツールスイート。Microsoft Windows、Linux、macOSホストOS向けの製品を用意している。インテルXeonプロセッサ、インテルXeon Phiプロセッサ、インテルCoreプロセッサのマルチコア/メニーコア・プロセッサ性能を最大限に発揮するアプリケーションの開発を支援するとともに、最新の標準規格と統合開発環境(IDE)をサポートする。

 新バージョンでは、インテル アドバンスト・ベクトル・エクステンション512(インテル AVX-512)命令に対応するインテルXeonプロセッサとインテルXeon Phiプロセッサ/コプロセッサ向けのパフォーマンスを向上した。また、性能への影響が大きく、最適化が不十分であるループをインテルAdvisorのルーフライン解析機能で特定することができる。

  最新の言語規格とIDEをサポート。言語は、C++14、Fortran 2008、Python 2.7/3.6をフルサポートし、C++17、Fortran 2015、OpenMP 5.0についてはドラフト規格に対応した。IDEは、Microsoft Visual Studio 2017への統合をサポートしている。さらに、インテル VTune Amplifierのパフォーマンス・スナップショット機能で、CPU/FPU/メモリの利用状況や、MPI通信のパフォーマンスなど、コードの高速化につながる観点を素早く特定することができる。

 税別価格は、インテル Parallel Studio XE 2018 Composer Edition for C++ Windowsが12万円、同 for C++ Linuxが12万円、同 for C++ macOSが12万円、同 for Fortran Windowsが14万6000円、同 for Fortran macOSが14万6000円、同 for Fortran Linuxが17万2000円、同 for Fortran&C++ Windowsが20万6000円、同 for Fortran&C++ Linuxが24万9000円。インテル Parallel Studio XE 2018 Professional Edition for C++ Windowsが26万9000円、同 for C++ Linuxが26万9000円、同 for Fortran Windowsが31万9000円、同 for Fortran Linuxが31万9000円、同 Professional Edition for Fortran&C++ Windowsが38万6000円、同 for Fortran&C++ Linuxが38万6000円。インテル Parallel Studio XE 2018 Cluster Edition for Windowsが49万5000、同 for Linuxが49万5000円。