大塚商会(大塚裕司社長)は10月1日、通信販売カタログ「たのめーるvol.38(秋冬号)」と介護用品カタログ「ケアたのめーるvol.18」を発刊した。

 たのめーるvol.38の巻頭特集では、「勝手に大検証!」として、文具、OA機器、食品など、たのめーるで扱う厳選アイテムを徹底比較。商品の違いや選び方などを検証した。また、オリジナル商品や有名ブランド、人気の消耗品、コピー用紙などを特別価格で提供するほか、カタログ掲載品で約1200点、ウェブ掲載商品も含めると総数約6000点の値下げを行っている。さらに、コスト・使用感・機能にこだわり、約230点のオリジナル商品をはじめ、新規商品を約2250点追加した。

 一方、ケアたのめーるvol.18では、高齢者の低栄養対策、夏場だけでなく秋冬も気をつけたい脱水症状の予防など、カタログの随所にお役立ち情報を掲載。また、介護現場の声に応え、タイプ・容量別のおむつ一覧や消臭対策グッズなどの商品を数多く紹介している。新規商品は730点以上を追加した。