大塚商会(大塚裕司社長)は9月21日、高崎支店を開設し、10月2日に営業を開始すると発表した。

 大塚商会では、全国77支店体制によって地域密着型に基づいたサポート体制を敷き、確実で迅速なサービスを提供している。昨年は、本部主導から営業部主体の運営体制とし、より地域に密着して、顧客との接点を強化している。こうしたなかで、北関東地区の営業・サポート体制を強化するため、現在の宇都宮支店に加え、今回さらに群馬県初となる高崎支店を開設することにした。

 高崎支店の所在地は、群馬県高崎市栄町14-5 内堀ビル 4C号室。支店開設にあたり「ITを活用し交流と創造」と題したオープニングフェアを10月25日、ホテルメトロポリタン高崎で開催し、「働き方改革」をテーマとした講演や同社のITソリューションを紹介する。