ネットワンパートナーズ(川口貴久社長)は、フィジカルセキュリティソリューションのリーディングカンパニーであるGenetec(本社・カナダ、Pierre RaczCEO)とディストリビュータ契約を結び、大規模・高機能な監視カメラシステムを実現する監視カメラ映像管理ソフトウェア「Security Center」を、パートナー企業経由で11月10日に発売した。

 Security Centerは、専用レコーダーを用いず、効率的に多拠点を監視可能な大規模監視カメラシステムを実現するソフトウェア。仮想環境に対応しているため、システム拡張が容易で大規模なシステムを構築できる。さらに、仮想環境の冗長機能を活用することで、耐障害性を大幅に向上している。また、従来各拠点に必要だったサーバー・専用レコーダー・映像保存用ストレージをデータセンター側の仮想基盤に集約することで、投資コストと運用コストを削減する。

 幅広いメーカーのカメラに対応しており、既存の投資を保護する。接続するカメラの台数に制限はなく、複数拠点のライブ映像や録画映像などを単一画面に表示する日本語のユーザーインターフェースにより、マウスで直感的な操作が可能。また、基本的な機能に加えて、「ビジュアルトラッキング機能」による監視対象の移動にあわせたカメラの切り替えや、「マップマネージャー機能」で、管理画面の地図上にプロットしたカメラアイコンにマウスを近づけるだけでライブ映像が表示されるなど、先進的な監視環境を提供する。さらに、他社の映像分析エンジンもプラグインやSDK経由で利用可能となっている。

 ネットワンパートナーズでは、Security Centerに加えて、高画質なIPネットワークカメラ製品群、大量の映像データ保存に適したスケールアウト型ストレージ、拡張性・運用性の高い仮想基盤を組み合わせ、大規模で効率的な監視カメラシステムを一括して提供していく考え。