ネットワンパートナーズ(川口貴久社長)は9月8日、9月2日に開催されたJリーグ・大分トリニータのホームゲームで、スタジアム向けデジタルサイネージソリューション「Cisco Vision」を活用した、来場者の満足度向上とスポンサーの露出拡大に向けた実証実験を実施したと発表した。

 今回の実証実験は、大分トリニータのオフィシャルパートナーをネットワングループが務めており、社名を冠したイベント「ネットワンわくわくスタジアムデー」の一環として実施したもの。

 当日は、来場者満足度向上の主な施策として、選手の等身大映像をスタジアム内に設置したディスプレイにCisco Visionで配信し、サポーターが一緒に写真撮影できる参加型映像コンテンツを提供した。さらに、これらの写真をSNSに投稿すると、スタジアム内の大型ビジョンに自動的に投影される仕組みも用意し、発信/共有による新しい楽しみ方を体感してもらった。また、スポンサーの露出拡大の施策として、複数社のスポンサーCMをCisco Visionで同じディスプレイに配信し、多くのサポーターの目に触れる機会を新たに創出した。

 これらの実証実験に対する来場者アンケート(807名が回答)の結果、90%の人が映像配信について「面白い」と回答し、また、85%の人がSNSと大型ビジョンとの連動が「面白い」と回答した。さらに、82%の人が、スタジアムへ足を運ぶ機会が「増える」と回答していた。

 ネットワンパートナーズでは、すでにパートナー企業経由でCisco Visionの導入実績をもっており、大容量の映像配信を実現する有線/無線ネットワーク技術と今回の実証実験によるノウハウも組み合わせ、スタジアムの新しい価値創出に向けた提案を加速していく考え。