大塚商会(大塚裕司社長)は2月6日、コクヨ(黒田英邦社長)と協業し、大塚商会が販売するOSK(宇佐美愼治社長)のERPパッケージ「SMILE BS 2nd Edition 販売」と、コクヨが提供する企業間取引支援クラウドサービス「@Tovas」を連携した「請求書発行の業務効率化ソリューション」を2月16日に発売すると発表した。

 今回のソリューションは、パソコン上でSMILE BS 2nd Edition 販売の画面操作をするだけで、請求書の作成から、作成した請求書のFAX送信、ファイル送信、郵送(代行)などを、@Tovasから行うことができる連携テンプレート。これにより、社内で行っていた「印刷」「三つ折り」などの手作業や「郵送」をなくし、業務を効率化して、企業の事務作業領域の働き方変革を促進することが可能となる。

 税別価格は、「SMILE BS 2nd Edition 販売 suiteモデルタイプ1」が60万円、「SMILE BS 2nd Edition 販売 @Tovas請求書連携テンプレート」が20万円。「@Tovas SMILE専用メニュー」Sプランが初期費用3万円、月額基本料金3000円。従量課金は電子ファイル20円/送信、FAX送信40円/枚、郵送180円/通(請求書枚数6枚まで)。同社では発売6か月で20セットの販売を目標としている。