大塚商会(大塚裕司社長)は1月25日、不正ユーザーの侵入防止を実現することで企業ネットワーク環境のセキュリティを向上する「ネットワーク認証あんしんパック」を2月1日に発売すると発表した。

 ネットワーク認証あんしんパックは、企業ネットワークに接続する端末(PC・タブレット・スマートフォン)に対して、ネットワーク入口の機器と連携して認証を行うRadiusサーバーと、導入支援サービス、運用支援サービス、保守サービスなどを合わせたソリューションパックとして販売するもの。

 無線LANからリモートアクセスVPN、従来の有線LAN環境に至るまで一貫した認証環境を提供し、不正ユーザー・不適切端末の侵入防止を実現する。Radiusサーバーには、ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)が、大塚商会専用に開発した独自モデル「NetAttest OTS」を採用。小規模企業でも受け入れやすい50ユーザー以下から中堅規模企業向けの200ユーザー以下のパックを用意し、導入前の技術相談、導入構築から、その後の保守サポートまでをワンストップで提供する。

 価格は、50ユーザー版が66万円から、100ユーザー版が76万円から、200ユーザー版が96万円から。500セットの販売を目標としている。