FIXER(松岡清一社長)は2月8日、日本マイクロソフト(平野拓也社長)と連携し、パブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の運用・保守と、金融機関の運用要件に適合したマネージドサービス「金融機関向けcloud.config」を6月にリリースすると発表した。

 金融機関向けcloud.configは、「FISC安全対策基準」などの業界ガイドラインをもとに、24時間365日のシステム監視で高度なセキュリティとビジネスの継続性を確保するとともに、Azure上に構築されるサービスを素早く開発・リリースすることを実現するもの。

 地方銀行をはじめとする金融機関の顧客だけでなく、金融機関にシステムを納入する企業がインフラストラクチャとしてAzureを採用する際のマネージドサービスとしても利用することが可能。また、顧客のAzureの使用状況に応じてcloud.config上で最適なプランを自動で提案する機能も、近年中のリリースを目指し開発している。

 なお、同サービスに関わるすべてのシステム設計、開発、運用をFIXERが、Azureに関連する技術指導と顧客に対する営業支援を日本マイクロソフトが担当する。