アイマトリックス(小島美津夫代表取締役)は8月3日、AI(人工知能)/ディープラーニング技術を活用してメールによる外部への情報漏えいを予知・レポートするシステム「マトリックスインサイト」に新機能を追加し、送信メールモニタリングの適応範囲の拡大と多機能化を図ったと発表した。

 マトリックスインサイトは、独自のリアルタイムディープラーニング技術を活用し、送信メールの特徴を判別できる送信メールモニタリングシステム。内部不正や誤操作など、組織の情報資産を脅かす可能性のあるメールや、非日常的特徴をもったメールをいち早く抽出し、潜在的なリスクを可視化する。

 今回、Office 365/Gmailなどのクラウドメールサービスとの連携機能と、新たなAI解析エンジンとしてメール発信者の感情分析機能を追加した。Office 365/Gmailとの連携機能では、オンプレミス、クラウド形式など柔軟なシステム構成が可能となり、現在のメールサービスの構成を大幅に変更することなくマトリックスインサイトを利用することができる。クラウドメールであっても事故・内部不正・インサイダーによるデータ流出など、送信メールの本文中・添付ファイルなどに含まれる組織の情報資産に対する脅威を予知・レポートすることで、堅牢な送信メールセキュリティを実現する。

 また、これまで培ってきたAI研究技術と膨大なメールデータを活用し、同社独自の手法を組み合わせ、感情分析エンジンを開発した。送信メール本文から個人やグループの感情を分析し、分析結果をレポートとして表示する。レポートでは長期的な感情の推移や、情報漏えいや退職などの要因となりうる潜在的な不満などをもつ個人やグループを可視化できる。感情分析レポートデータを応用することで、個人が抱えるトラブルの予防や支援・人材配置の最適化など、組織の職場環境の早期改善が可能となり、業務生産性や労働意欲の向上につなげることができる。

 同社では、情報セキュリティ対策の新たな常識として市場に認知してもらえるよう、今後も精力的に活動していく。また、マトリックスインサイトによる高度な情報セキュリティ対策の実現だけでなく、外部研究機関とも連携し、情報セキュリティ分野にとどまらず多角的なアプローチで研究開発を進めていく方針。