UPSソリューションズ(UPSS、芳賀敏浩社長)とネットワールド(森田晶一社長)は、従来の協業関係を強化し、停電時などにNetApp FAS/AFFストレージを、ネットワーク経由で自動シャットダウン/自動起動するための連携スクリプトを組み込んだUPS製品シリーズとして「UPSS for Networld NetApp」の提供を9月10日に開始した。

 UPSS for Networld NetAppは、専用ソフトウェアをインストールできないNetApp FAS/AFFストレージのOS「ONTAP」を、UPSS製UPSからネットワーク自動シャットダウン/自動起動することができる製品。NetAppとの連携に必要な設定をネットワークカードにセットアップした状態で出荷するため、IP情報など環境依存のパラメーターを設定するだけで簡易にシャットダウン連携が可能となる。連携スクリプトは、ネットワールドとUPSSで検証を実施しており、今後、ONTAPの最新バージョンに随時対応していく。

 なお、両社では、さらに協業を進め、今回のNetApp用製品に続き、各種仮想環境や各種HCI(ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー)用製品を企画中で、提携製品の第二弾として、小規模仮想環境に特化したアプライアンス「シャットダウンボックス」の提供を予定している。