米ルーブリック(ビープル・シンハCEO)は11月14日、オンプレミスからMicrosoft Azureまで各種データを単一ソリューションにより直接保護・管理を可能にしたアクセラレータ「Rubrik Accelerator for Microsoft Azure」の販売を開始したと発表した。

 Rubrik Accelerator for Microsoft Azureは、Microsoftを利用している顧客にすでに広く認知されているソリューションに、Microsoft Hyper-V用自動データ保護機能、物理Windows環境のサポート、さらにSQLライブ・マウントを使った瞬時のデータベース・リカバリー機能などを新たに追加したもの。

 これにより、あらゆる環境を横断する形でデータの保護と管理を行いながら、Azureへ容易に移行することができる。また、Azureへのデータ・アーカイブを自動化し、費用対効果に優れた長期的なデータ保存が可能。クラウドへの移行を進めつつ、Azure内の開発・テスト用環境として迅速にアプリケーションを立ち上げることができる。

 これまでと同じインターフェースを介して、オンプレミス、エッジ、クラウドのアプリケーションを容易に管理することが可能。共通のSLAポリシー・エンジンにより、数クリックのみでバックアップやリカバリー、アーカイブのためのスケジュールを自動化し、毎日数時間を要していた管理作業を数分で完了できる。

 すでにルーブリックの多くの顧客で幅広く利用されているSQL用ライブ・マウント・ソリューションによって、数分でリカバリーを完了し、また、予測グローバル検索機能によって、オンプレミスやクラウド上のファイルやフォルダー、ファイルセット、仮想マシン(VM) 、そしてデータベース・インスタンスなどを瞬時に特定することができる。

 クラウドへの移行リスクを低減するため、Accelerator for Microsoft Azureを新規導入する場合、MicrosoftからAzure使用権6カ月分と、ルーブリックのCloudOn使用権を12カ月分、無償で取得することができる。