日本市場に進出して2年。バックアップ製品を提供する米Rubrikの日本法人、ルーブリック・ジャパンは国内の大手企業を対象にした販売戦略を強化した。日本市場でのブランド周知に注力する。

 Rubrikは、2014年に米カリフォルニア州パロアルトで創業し、日本法人は16年12月に設立した。提供するのは、仮想化環境に適したバックアップ/リカバリ用アプライアンス製品「Rubrik Cloud Data Management Platform」だ。U2サイズのきょう体に最大四つのノードを搭載できる。エージェントレスで動作し、重複排除/圧縮などの機能を備えたバックアップソフトウェア、サーバー、ストレージなど必要な機能をオールインワンで備えている。バックアップの対象はVM(仮想マシン)や物理サーバー、ファイルサーバー、アプリケーション、データベースで、容量や性能が足りなくなれば、アプライアンスを追加してスケールアウトできる。ルーブリック・ジャパンの神近孝之・SEリードは、「ジャンルは異なるがNutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)のようなシンプルなもの」と説明する。

 クラウドバックアップのゲートウェイ機能を備え、AWSやMicrosoft Azureなどのクラウドストレージをレプリケーション/アーカイブ先として設定。また、ポリシーを設定することで、クラウドバックアップを自動的に実行できるので長期保管データは料金の安いクラウドに保管し、コストバランスを最適化できる。
 
左から神近孝之・SEリード、原田英昭・カントリーマネージャー、
佐藤昭知・フィールド・マーケティング・マネージャー

 災害対策は、DRサイトに分散配置し、レプリケーションを構成することで必要なデータをリストアできる。これにより、運用の工数やトータルコストの削減、DR対応、データ保全という意味でのリスク対策などを図ることができるという。

 日本における販売代理店はノックス、東京エレクトロンデバイス、ネットワールドの3社。テクノロジーアライアンスパートナーはピュア・ストレージ、ニュータニックス、VMware、マイクロソフトなどで、ストレージ/HCI製品との連携機能を提供する。今後、国内サーバーベンダーとのパートナー連携を進めていきたいという。

 米国や欧州などでは好調に推移しているRubrikだが、日本では認知度がまだ高くない。その対策として、原田英昭・カントリーマネージャーは「ハイタッチ営業を強化する。仮想マシンを100台以上を保有する大手企業を対象に、SEとともに専任の営業が顧客の課題に合わせて提案していく。営業人員はまだ4人だが、業績の成長に合わせ増員していく」と語った。(山下彰子)