ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)は1月8日、アステリア(旧インフォテリア)の代表取締役社長/CEOである平野洋一郎氏が、昨年12月7日付でMJSのブロックチェーンアドバイザーに就任したと発表した。

 平野氏は、1998年にインフォテリアを創業し、07年に東京証券取引所に上場。16年3月までMIJS(Made In Japan Software)コンソーシアムの理事長を務め、16年4月から国内初となるブロックチェーンの業界団体として発足したブロックチェーン推進協会「BCCC」の代表理事に就任している。

 MJSは、平野氏のブロックチェーンアドバイザー就任を受け、今後FinTechをはじめ幅広い分野でのブロックチェーン技術の活用に向けて、調査・研究を進めていく。また、ブロックチェーン推進協会にも入会。今後は、ITの進展を生かした事業活動を推進することで、MJSグループの継続的な企業価値向上を目指していく。

 平野氏は「ブロックチェーン技術は、FinTech領域だけでなく、幅広い業界に恩恵をもたらすものとして世界的に期待が高まっている。MJSが新たにブロックチェーン技術に注力し、これから提供される同社のソフトウェアやサービスによって、全国の税理士・会計士と顧問先企業に対して新たな段階の価値をもたらすことができるものと期待している」とコメントしている。