ミロク情報サービス(MJS、是枝周樹社長)とその関係会社(MJSグループ)は1月10日、株式投資型クラウドファンディングとCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)サポートを手掛けるDANベンチャーキャピタル(出縄良人社長)と、資本業務で提携したと発表した。

 この提携に伴い、MJSの連結子会社であるMJS Finance&Technology を通じて、DANベンチャーキャピタルの株式の一部(取得株数51万5000株、発行済み株式の19.0%)を取得した。これにより、MJSグループはファイナンス分野での事業を積極展開していく。

 DANベンチャーキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング専用のウェブサイト「GoAngel(ゴーエンジェル)」を運営している。MJSグループは、今回の提携によりDANベンチャーキャピタルとともに株式投資型クラウドファンディング向けの開示情報作成支援システムを開発し、MJSがもつ全国8400の会計事務所とのネットワークを通じて、中小企業の資金調達とそれら企業が目指す新たなビジネスの創造をサポートする。

 また、DAN ベンチャーキャピタルが組成またはサポートするCVCファンドと、MJSの子会社であるMJS M&Aパートナーズが手掛けるM&A事業と連携することにより、中小・ベンチャー企業の新事業分野への進出や事業成長を投資を通じてサポートしていく。

 MJSは1977年の設立以来、会計事務所と中堅・中小企業を対象に、財務・会計を核とする多彩な業務システムの開発・提供を行ってきた。今回の提携を機に、ファイナンス分野の業務拡充を図り、会計事務所の業容拡大を支援するとともに、中小企業を経営面からトータルにサポートしていく方針。MJSグループは、今後もさまざまなサービスとの相乗効果を通じて、新しい価値を提供し、さらなる事業拡大を目指す。