シーイーシー(田原富士夫社長)とソフォス(中西智行代表取締役)は7月16日、中小企業が高度なエンドポイント・セキュリティ保護対策を利用してサイバー攻撃の侵入、感染後の被害を最小化するEDRサービスで協力すると発表した。これを受けてシーイーシーは、ソフォスのEDR製品「Intercept X Advanced with EDR」の運用を支援した「EDR原因解析サービス」の販売を同日開始した。

 EDR原因解析サービスは、中小企業と大企業環境でのIntercept X Advanced with EDRの運用を支援するもの。高度なセキュリティ知識が求められるインシデントが発生した場合、シーイーシーのアナリスト・チームが、その調査・分析・報告を行い、それを復旧するのに必要な対策を支援する。

 具体的には、「問い合わせによる調査/解析」と「EDR原因解析レポート」の2つのサービスを提供する。問い合わせによる調査/解析サービスでは、顧客から問い合わせがあったIntercept X Advanced with EDRのセキュリティインシデントについて調査・解析を行い、メールで詳細な脅威情報や対処方法を報告する。EDR原因解析レポートサービスでは、調査・解析結果をレポート形式で作成し、メールで報告する。