NECは、がん治療を支援するための独自の機械学習を応用したソフトウェア開発を行っているノルウェーのバイオテクノロジー企業のOncoImmunity ASを買収した。OncoImmunity AS社はNECの子会社となり、社名はNEC OncoImmunity ASと変更する。

NECが進めるAIを活用したがんワクチン開発のイメージ

 2014年設立のOncoImmunity AS社は、がん免疫療法に対する効果的な患者選択を容易にし、臨床的に実施可能な期間内に個別化がんワクチンや細胞治療のための最適なネオアンチゲンを同定するソフトウェアソリューションを開発している。

 一方、NECは19年5月にAIを活用した創薬事業に本格参入することを発表。今回、OncoImmunity AS社を買収することで個別化がん免疫療法のパイプライン開発を支えるリソースの増強、機能強化を実現できる。今後NECは創薬事業に注力し、NEC OncoImmunity ASは引き続きネオアンチゲン予測サービスを提供していく。