READYFOR(米良はるかCEO)は、10月付で日本経済団体連合会(経団連)に加盟した。


 READYFORは、2011年からクラウドファンディングサービス「READYFOR」の運営を行い、1.1万件以上のプロジェクトに100億円以上の資金を集めている。直近ではNPOや医療機関、科学研究分野その他公共セクターや、創業マーケットに資金調達の手段を提供するため、多角的なパートナーとの協業を展開しており、提携機関は約350件にのぼる。

 19年7月にはSDGs達成に寄与する団体と民間企業のマッチングを行う「READYFOR SDGs」をスタートし、より多様なお金の流れを作る取り組みを行っている。今回、経団連入会を機に、Society 5.0実現のため、会員企業との連携を図っていくとしている。