オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、同社が提供する「給与奉行クラウド」とカオナビ(柳橋仁機社長CEO)が開発・運営するクラウド人材管理システム「カオナビ」がAPI連携を開始したと発表した。

 今回のAPI連携では、給与奉行クラウドの社員情報とカオナビの人材データベースが双方向で連携することにより、二重管理されていたメンテナンス業務をなくし、総務・人事部門の大幅な業務コストを削減することができる。日々の人材データの活用情報と月次ベースで実行される給与業務の相互の連携をシームレスに行うことで、管理部門の業務時間の削減による働き方改革や、人材情報の活用によるスピード感のある経営環境の提供が可能になる。

 給与奉行クラウドは、クラウドの利点を生かした給与業務を実現する。給与・賞与計算はもとより、給与明細データ配信、算定・月変処理・年末調整や電子申請など、オンプレミス業務システムでは実現できなかったタイムリーで安全な環境で給与業務を実現することが可能。データ共有ができる専門家ライセンスが付属するため、社会保険労務士など専門家のアドバイスも受けることができる。

 カオナビと連携する「給与奉行クラウド API version」は、奉行クラウドのコンセプトである“つながるひろがる”を具体化し、さまざまなクラウドサービスやオンプレミスのシステム、デバイスなど、奉行オープンAPIを利用してデータ連携することで、業務を自動化し生産性を大幅に向上することができる。