インターネットイニシアティブ(IIJ)とソニービズネットワークス(ソニービズ)は2月19日、クラウド分野で業務提携すると発表した。両社は、それぞれのサービスやソリューションを相互に提供、再販し、企業のマルチクラウド需要の増加に応える考え。

 ソニービズは、IIJに対し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)運用自動化ツール「マネージドクラウドポータル」を提供するほか、「IIJ Omnibus サービス」のアクセス回線として「NURO アクセス」を提供する。

 一方、IIJは、Microsoft Azureのライセンスやサポートをソニービズに提供する。さらに、Office 365をはじめ各種Microsoftクラウドサービスへのダイレクト接続を可能にする「IIJ クラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure Peering Service」など、各種ネットワークサービスも今後提供する予定。

 両社は今後、IIJのバックボーン上に顧客専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」とソニービズのマネージド閉域ネットワーク「NURO閉域アクセス」を相互接続するなど、双方のクラウドサービスとネットワークサービスの連携を強化していく。