東京都の政策連携団体である東京都農林水産振興財団(影山竹夫理事長)と、NTT東日本(井上福造社長)、NTTアグリテクノロジー(酒井大雅社長)の3者は4月3日、ローカル5Gを活用した最先端農業の実装に向けた連携協定を結んだと発表した。

連携事業のイメージ

 今回の連携協定では、次世代通信システムであるローカル5Gや超高解像度カメラやスマートグラス、自律走行型ロボットなどの先進テクノロジーを活用し、遠隔からの高品質・効率的な農業指導や、データを基にした最適な農作業支援の実現など、新しい農業技術の実装を目指す。

 連携事業の試験ほ場にはNTT東日本研修センター(調布市)、研究所には東京都農林総合研究センター(立川市)を活用する予定。