名張製作所(中村廣一郎社長)を配下にもつ名張ホールディングス(名張HD、安藤鉦太郎社長)と日本電子計算(JIP、山田英司社長)は4月7日、ものづくり現場の生産設備の故障予兆を検知するIoTセンサープラットフォーム「ParaRecolectar」を4月13日に発売すると発表した。

生産設備の故障予兆を検知するIoTセンサープラットフォーム「ParaRecolectar」の概要

 ParaRecolectarは、センサーデバイスとデータ集計アプリからなるIoTセンサープラットフォーム。既存の生産設備の任意の箇所に設置した名張HD開発のIoTセンサーから振動、電流、温度などのデータを収集し、JIP開発のデータ分析アプリにより収集データをグラフで可視化し、異常時に通知する。既存の古い生産設備でも安価で簡単に故障予兆の検知が可能となり、生産設備の適切なメンテナンスにより、故障による影響を最小限にとどめることができる。

 名張HDとJIPでは今後、AIによる機械学習などでの故障検知予知の精度アップやクラウド版への拡張などを検討し、ParaRecolectarのさらなる有用性、利便性の向上を図っていく。