NTTデータグループのデータマネジメント専門会社であるリアライズ(大西浩史社長)は5月22日、企業がデータ活用を行う際に不可欠とされる一連のデータマネジメントに関する取り組みのなかから、顧客データに関するメニューを厳選した「顧客データマネジメントBasic」サービスを提供すると発表した。

「顧客データマネジメントBasic」サービス全体像

 顧客データマネジメントBasicは、顧客のデータ活用目的や業務を踏まえたうえで、「データ統合」や「データ整備」「データ運用設計」などを企業ごとに設計するサービス。顧客データの活用にあたり最低限必要となる基本的な取組内容にフォーカスすることで、短期間で顧客データを活用可能な品質に引き上げることが可能となる。

 これにより顧客は、データの準備に時間をかけず分析や企業活動を行うことができる。また、同サービスでは初期構築後の定期サポートメニューも用意しているため、データ運用上の新たな課題や、システム更改によるデータ運用の見直しといった相談対応も実施する。

 提供期間は「初期設計」から「初期データ構築」「データ運用に向けた設計」までで2カ月間。価格は300万円程度。

 なお、今回のサービスは、Sansan(寺田親弘社長)の事業戦略「Sansan Plus」での、同社とのアライアンス「Sansan Plus Integration」のメニューでも提供する予定。その際にはデータ統合ソリューション「Sansan Data Hub」の導入コンサルティングを行う。

 また、同サービスは、短期間に実施することを目的としているが、より深くデータマネジメントに取り組みたい企業には、別途データマネジメントソリューションを提供していく。