デル・テクノロジーズ(大塚俊彦社長)は8月21日、法人向けPC「New Latitude 7410 Chromebook Enterprise」の販売を開始した。クラムシェルと2 in 1の2種類のモデルを用意。クラウドによるデバイス管理や導入のしやすさといったChrome OSが持つ特性によって、活発化しているテレワーク需要を獲得していく考え。

デルテクノロジーズ クライアント ソリューション グループの
リード ロッド・バーノン氏

 デル・テクノロジーズが提供するLatitudeは法人を対象としたPCブランドで、中でも7000シリーズは大企業での利用を想定したプレミアムモデルだ。今回のNew Latitude 7410 Chromebook Enterpriseは、同社が5月に発表していた14型Windows PC「New Latitude 7410」のChrome OS版となる。デルテクノロジーズ クライアント ソリューション グループ Chromebook Enterprise リードのロッド・バーノン氏は「プレミアム感を体感してもらいつつ、生産性を損なわないことを念頭においた。バッテリ駆動時間、性能、耐久性が向上し、グローバルで入手できる」と語る。インテル第10世代Coreプロセッサーを搭載し、Wi-Fi 6に対応。最大で19時間駆動を実現した。そして、Chromebookとしては初めて低ブルーライト4K UHDパネルのオプションを採用。一度に表示できる情報量を増やすことで生産性の向上につながり、特に大規模なスプレットシートを扱う管理職や長いコードを書くことが多いプログラマーなどでメリットが大きいという。

 また、管理機能やセキュリティ、導入時の負荷軽減については「Chromebook Enterprise」に対応したことで高い水準を実現した。Chromebook EnterpriseとはChromebookとChromeの企業向けクラウド型管理機能のこと。初期設定やポリシー設定などを事前に行えるため大幅に導入負荷を下げられるほか、導入後もWi-FiやVPN、証明書などをChromeのコンソール上で遠隔から一元管理できる。直近ではテレワークを導入する企業が増えていることから、Chromebookの需要が高まっているという。米国では法人PCにおけるChrome OSのシェアが約10%まで高まっており、国内においても積極的に拡販していく考えだ。(銭 君毅)