デルテクノロジーズの日本での事業を展開する2社であるデルとEMCジャパンは6月15日、両社を合併し、8月1日から「デル・テクノロジーズ株式会社」とすることを発表した。


 16年秋に、米国でデルとEMCコーポレーションが統合し、デルテクノロジーズが発足した。以来、人類の進歩をけん引する先進的なテクノロジーを創出し、提供することを目的にビジネスを展開している。

 日本では、デルとEMCジャパンが、同グループの中核企業として日本の顧客やパートナーにさまざまな製品とサービスを提供してきた。今回の法人合併により、顧客の変革を支援するパートナーとして総合力を高め、日本の顧客のデジタルトランスフォーメーションにさらに貢献していく方針。

 また、21年下半期(21年8月~22年1月)から「Otemachi One タワー(東京都千代田区大手町1丁目2)」を、本社オフィスとして稼働する予定。