SBテクノロジーの子会社であるM-SOLUTIONS(M-SOL)は、サイボウズが提供する、誰でも簡単に業務アプリを作成できるプラットフォーム「kintone」専用の申請管理サービス「Smart at tools for kintone 申請パック」の提供を開始した。

Smart at tools for kintone 申請パックを利用した申請フロー作成(例:テレワーク申請)

 Smart at tools for kintone 申請パックは、交通費精算や稟議申請など用途に合わせた申請アプリのテンプレート、申請フローパターン、申請管理機能を提供するサービス。種類豊富なテンプレートによりアプリ作成不要で利用でき、申請フローも用意されたパターンを選択するだけで作成できるため、情報システム部門以外の担当者でも簡単に高度な申請フローの設定が最短10分(同社調べ)で可能となる。

 また、同サービスは、kintone内で申請状況の一括管理、申請者による申請の取り消し、代理承認といった申請フローに関する作業を完結することができるため、作業する場所を選ばず利用できる。さらに、多様な申請フローパターンを用意しているほか、過去に作った申請経路の再利用も可能となっている。

 価格は、スタータープランの初期費用が10万円、サービス利用料が月額7500円(50IDまで)、スタンダードプランの初期費用が10万円、サービス利用料が月額1万5000円(100IDまで)、プロフェッショナルプランの初期費用が20万円、サービス利用料が月額4万円(300IDまで)、エンタープライズプランの初期費用が20万円、サービス利用料が月額6万5000円(500IDまで)。なお、12月末までに同サービスのトライアルを申し込んだ顧客向けに、ウェブ会議経由で同サービスのインストールを行う「導入設定サポート」を無償提供するキャンペーンを実施する。