SBテクノロジー(SBT)は9月9日、アドビとAdobe Signソリューション販売パートナーとSI/連携ソリューションパートナーの契約を結び、契約業務のテレワーク化を支援する「Adobe Sign導入支援サービス」の提供を開始したと発表した。

Teams、SharePoint Onlineとの連携による活用イメージ

 Adobe Signは、法的に有効な電子サインにより、契約や承認に必要な文書のやり取りがオンラインで完結できるサービスで、Microsoft 365の電子署名としても推奨されている。SBTは、国内大手企業を中心に数多くMicrosoft 365を導入している。

 Adobe Sign導入支援サービスでは、その知見を活用し、Adobe Signの導入に加えて、Microsoft Teamsをインターフェースにしたシームレスな環境構築やMicrosoft SharePoint Onlineと連携したワークフロー構築などを提供する。

 これにより「脱ハンコ」と「文書管理ワークフローによる効率化」を実現する電子契約のスムーズな導入を可能とし、契約業務のテレワーク化を推進していく。