ゼンリンとゼンリンデータコムは、運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRINロジスティクスサービス」の提供を10月15日から開始した。

詳細な位置情報とAIを組み合わせ最適な自動配車を行う

 ZENRIN ロジスティクスサービスは、AIによる配車計画から、ゼンリンの住宅地図データを活用したルート案内、業務進捗の管理・分析までを一気通貫でサポートするサービス。物流量の増加や業務の平準化など、世の中の動向やニーズに合わせた物流業界の課題解決を支援する。

 具体的には、位置情報とAIを組み合わせ、様々な条件を加味した最適な配車計画を自動作成する。専門的なノウハウがなくても誰でも簡単に、コストを意識した効率的な配車計画を実現できる。

 また、ゼンリンの詳細な住宅地図データをベースに、ドアtoドアの案内や大型車両規制を考慮したルート検索など、ラストワンマイルでのドライバーの負担軽減を図ることができる。さらに、リアルタイムな走行・配送状況の管理から、走行実績による日報作成のオートメーション化により、管理者側とドライバー双方の業務改善を支援する。

 今後、ゼンリンでは保有・継続更新している住所や建物属性などの情報を含む住宅地図や、道路地図などの豊富な位置情報コンテンツと、企業が保有するビッグデータを連携させることで、業務改革や新しい価値を創造していく考え。そのなかで、新たなサービス基盤として「ZENRIN Maps API」を12月にリリースする予定。このプラットフォームをもとに、社会課題の解決に貢献していく。