グーグルは10月6日、それまで「G Suite」として提供していた企業向けサービス群の名称を、「Google Workspace(グーグルワークスペース)」に変更した。Gmail、カレンダー、ドライブ、ドキュメントなどのサービスが含まれる。名称変更に加えて、各サービスの連携をさらに強化したほか、中小企業向けの新たな料金プランも発表した。

ハビエル ソルテロ バイスプレジデント

 同社は今年7月、G Suiteのアップデートとして、Web会議やチャットなどにメールと同じ画面からアクセスできる新ユーザーインターフェース(UI)を発表していたが、Google Workspaceへの名称変更とともに、この新UIが全有料ユーザーに向けて提供される。Google Workspaceでは、コミュニケーションを軸に各サービスの統合を図っており、顧客やパートナーとチャットをしている間に、新規文書を作成して共同編集が開始できるようになるほか、文書中のコメントなどから関係する連絡先にメールやチャットを送信する機能が追加される。

 米グーグルでGoogle Workspace事業を統括するハビエル ソルテロ・バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーは、「もはや仕事は、物理的な場所によって縛られたり定義されたりするものではない」「仕事とそれ以外の生活の境界が小さい環境で働くには、時間と集中力の管理がより重要となる」「信頼感を築くための人と人とのつながりが最も重要だ」とコメント。新型コロナウイルスの影響による働き方の急変に対応すべく、機能拡張を継続する方針を示した。

 また、300人以下の中小企業向け料金プランでは、従来の「Basic」に相当する「Business Starter」(月額1ユーザー680円)、「Business」に相当する「Business Standard」(同1360円)に加え、上位プランの「Business Plus」(同2040円)が追加された。Business Plusではデータガバナンス機能の「Vault」、詳細なモバイル端末管理(MDM)、サードパーティーデータの検索などが利用可能となる。(日高 彰)