ロジクールは、エンタープライズ向けビデオコラボレーション製品の販売代理店を対象とした認定パートナープログラム「Logicool One」を10月1日に開始した。また、11月1日からエンタープライズ向けの主力ウェブ/ビデオ会議ソリューションのMicorosoft Teams/Zoom版について、購入時の2年保証を1年延長し3年保証とするオプションサービスを開始する。

認定パートナープログラム「Logicool One」のイメージ

 Logicool Oneは、エンタープライズ向けビデオコラボレーション製品の販売代理店の認定パートナープログラム。グローバルで展開する認定プログラムとなっており、認定されたパートナーとの協業強化(販売・販促・教育・案件の支援)を目的としている。これにより、企業・団体の導入検討時の課題を解決し、顧客のビデオコラボレーション製品のスムーズな導入と長期的な利用を支援する。

 プログラム開始時点の認定パートナー企業は、SBテクノロジー、NECネッツエスアイ、大塚商会、協和エクシオ、ジャパンメディアシステム、日本ビジネスシステムズ、リコージャパンの7社。

 また、これにともない、エンタープライズ向けの主力ウェブ/ビデオ会議ソリューション「Tapルームソリューション Lenovo ThinkSmart Edition Tinyバンドル」Microsoft Teams版/Zoom版について、製品購入時の2年保証を1年延長し、3年間無償保証とするオプションの提供を開始する。

 Tapルームソリューションは、Microsoft TeamsまたはZoom向けに最適化したオールインワンパッケージソリューション(カメラ・スピーカー・マイク・タッチコントローラー・ミニPC・製品サポート)。発売以来、保証期間は2年間としていたが、購入時に顧客の環境に合わせた保証期間を選んで導入できるよう、1年延長保証オプションによる3年間無償保証を開始する。

 対象製品は、11月中旬頃に小会議室向けビデオ会議システム「MeetUp」、中会議室向けビデオ会議システム「Rally」、大会議室向けビデオ会議システム「Rally Plus」、会議室用カメラ「Rally PTZ Camera」に順次拡大していく予定。