大塚商会は、自治体のDX推進基盤の構築を支援するソリューションを4月1日から提供する。


 提供するソリューションは、サイボウズ製品のトップリセラーである大塚商会がもつ数多くの経験やノウハウを基に、kintoneを活用してシステム基盤を構築する。さらに、自治体の定型業務の自動化にRPAを活用することで、広範囲にわたる行政サービスのオンライン化や内部事務の効率化を支援する。導入した自治体では、市民サービスの拡充と庁内の業務改革を短期間・低価格で実現することが可能となる。

 なお、同ソリューションの第1弾として、北海道石狩市の新型コロナワクチン接種の予約対応、会場/接種ステータス連携、さらに国や関係省庁への報告が行えるアプリケーションの構築を支援した。石狩市健康管理システムや内閣府の関連システムとのデータ連携には、ワークスアイディと協力して、RPAソリューション「WinActor」を利用して自動化を実現している。