パナソニックは、組織やグループの感染症クラスター発生防止につなげるため、グループ健康管理スマートフォンアプリ「OND'U(オンド・ユー)」を開発し、3月31日にトライアル版の提供を開始した。


 OND'Uは、日々の検温や体調の記録が簡単にできるとともに、グループ内でのコミュニケーションを取ることができるアプリ。今回、社内での実証実験を実施し、一定の効果が認められたことからトライアル版として無償提供を開始する。企業の職場をはじめ教育現場(保育、学校、学童、部活、塾など)や高齢者施設など集団生活が必須の現場や、マラソン大会やスポーツ大会、その他イベント、飲食業、観光業、警備業、接客業など、さまざまなシーンで利用できる。

 具体的には、日々の検温結果の入力だけでなく、風邪や感染症に見られる症状も簡単に登録でき、発熱(37.5℃から)の記録時に問診票を自動表示する。行動履歴の記録も可能で、メッセージ欄を活用し、グループ内のコミュニケーションを活性化することができる。また、体温のグラフ表示の切り替え(日・週・月)ができ、発熱や解熱時期など経過を簡単に確認することが可能。平均体温も同時に表示され、体調把握にも活用できる。

 一つのグループで最大100人のメンバーを管理することができる。メンバーに体温の数値ではなく、信号機のカラーで表記して伝え、プライバシーに配慮している。また、グラフ表示でメンバーの体調変化を一目で確認することが可能。症状の記録もマークで表示され、管理者は日常的に不調の訴えのある人の発見や体調面を考慮したメンバーのマネジメントが可能となる。発熱者や症状登録者は上位に表示する機能も搭載し、徹底的に体調不良者の見落としを防止できる。

 なお、スマートフォンを持たない小さい子どもや高齢者の健康管理は、サブIDを設定し、簡単なアカウント切り替えで代行入力が可能となっている。