アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の管理機能を強化し、4月19日からアップデート配信した。

導入時のデバイス管理機能

 InterSafe GatewayConnectionは、高精度のウェブフィルタリングによって「いつでも」「どこでも」「どんな端末でも」安全なインターネット利用が可能なクラウド型セキュアウェブゲートウェイサービス。文部科学省が推奨する三つのOSに対応し、GIGAスクール構想に適したウェブフィルタリングソリューションとして多数の教育機関に導入されている。

 今回のアップデート配信では、(1)導入時のデバイス管理機能、(2)端末インストール時のアカウント/グループ自動登録機能、(3)フィルタリングキャンセラ機能、(4)特定通信のアクセス制御機能と、四つの機能を追加した。これによって、InterSafe GatewayConnectionを導入する1人1台端末の運用管理を効率化し、管理者の負担を軽減する。

 導入時のデバイス管理機能では、アプリのインストールとセットアップが完了したデバイスの情報を管理コンソールで一覧表示する。検索、一括出力にも対応しているため、導入時のデバイス管理として利用することができる。

 また、Windows端末へのインストール機能を拡張し、導入時のアカウント仮登録や自動グループ振り分けが可能となった。Chrome管理コンソールやMicrosoft Intuneによる遠隔キッティングに対応しており、同機能やデバイス管理機能をあわせて活用することで端末導入時の工数を大幅に削減できる。

 フィルタリングキャンセラ機能では、校内ネットワーク接続時はInterSafe GatewayConnectionのウェブフィルタリングを停止し、プロキシサーバーのウェブフィルタリングを適用することができる。「InterSafe WebFilter」など、導入済みオンプレミス製品と併用する場合に有効な機能となっている。

 特定通信のアクセス制御機能では、アプリケーションやローカルネットワーク・専用ドメインなど特定ホストへのアクセスに対するウェブフィルタリングを無効化できる。これによって、学習支援システムやウェブサービス利用時のパフォーマンスが向上する。