SCSKは5月10日、サイバーエージェントの子会社のマイクロアドと3月29日に業務提携を結んだことと、サイバーエージェントからマイクロアド株式の一部を譲り受け、資本関係を構築したと発表した。出資金額は約10億円。

 マイクロアドは、データプラットフォーム事業を展開しており、150社以上のデータ保有企業と提携、AIによる消費行動分析を活用したマーケティングソリューションを提供している。また、グーグルによるサードパーティーCookieの廃止などの動きに対応し、「PostCookie時代」に備えた新しい基盤技術開発も進めているという。

 SCSKは、中期経営計画の基本方針の一つであるDX事業化において、消費者ニーズの多様化・高度化に対応するCX(カスタマー・エクスペリエンス)事業を重点領域に掲げている。今回の提携により、マイクロアドの消費者データの分析ノウハウと、自社の製品・サービス開発の知見を組み合わせ、共同事業を創出、CX事業の強化を進める。

 今後は、デジタルマーケティングや、実店舗の購買行動分析に基づいた販促支援、金融機関向けプラットフォームのAI分析によるサービス拡充などに取り組んでいく予定だという。