SBテクノロジー(SBT)は5月27日、同社が提供する「マネージドセキュリティサービス(MSS)」が、IDCフロンティアの「不正侵入検知/防御サービス(IDS/IPS)」のマネージドセキュリティサービスとして採用されたと発表した。

 近年、企業に対するサイバー攻撃は増加傾向にあり、その手法も巧妙化している。また、企業のシステム環境は、DX(デジタルトランスフォーメーション)による働き方改革などクラウド活用が進む一方、オンプレミスでの運用を継続するシステムもあり、異なるインフラが混在した環境でのセキュリティ対策が重要視されている。しかし、限られた社内リソースのみで新たな脅威への対応を行うのは難易度が高く、昨今は、社内負荷を抑えてセキュリティ対策を導入・運用できる外部サービス利用のニーズが高まっている。

 今回、IDCフロンティアでは、こうした顧客のニーズに応えるため、不正侵入検知/防御サービス(IDS/IPS)」の強化を行った。SBTのMSSはそのなかで、セキュリティ監視に加えて、セキュリティアナリストによる脅威の分析・調査やインシデント発生時の一次対応、チューニングなど、顧客のセキュリティ運用を最適化するサービスとして提供される。

 SBTのMSSでは、クラウドとセキュリティに深い知見をもつ専門家が自社SOC(Security Operation Center:セキュリティ監視センター)で監視・運用を行う。経験豊富なセキュリティアナリストの知見をモデル化した独自AIの活用など、大量のアラートやログデータの処理効率化を進め、セキュリティアナリストは高度な分析と顧客へのきめ細かなアドバイスに専念し、インシデント発生時の一次対応や対策案の検討など早期復旧に向けた支援も行っている。これにより、顧客の社内リソースに負荷をかけず、いつでも安心してシステムを利用できるセキュアな環境作りを実現する。