エクセルソフトは、DTSインサイトと共催で、派生開発を支援する「ソフトウェア構造分析ツール」のRe:Zolver(リゾルバー)製品のセミナーをオンラインで7月7日に開催する。


 Re:Zolverは、派生開発の効率化に着目して「オブジェクトを対象にした分析」を実現したツール。派生開発に必要な影響度分析や差分分析をはじめ、多角的にソフトウェアの構造を可視化することで、設計フェーズだけでなくテストフェーズについても派生開発の効率化を支援し、派生開発の期間短縮や検証もれの解消、ソフトウェア資産の管理などに有効となっている。今回のセミナーでは、Re:Zolver製品の概要、機能の紹介と、デモを実施する。

 開催日時は、7月7日14時から14時55分まで。参加対象者は、Windows C#とC/C++アプリ開発者、アプリケーション品質管理担当者。参加費は無料。定員は20人となっている。