大塚商会は、製造業向け生産管理クラウドソリューション「生産革新Wun-jin(雲神:ウンジン)SMILE V Air」を7月19日から提供する。

生産革新Wun-jin SMILE V Air

 生産革新Wun-jin SMILE V Airは、OSKが開発した生産管理システム「生産革新ファミリー」の新製品「生産革新Wun-jin SMILE V」を、大塚商会が管理・運用しているクラウド環境から「SMILE V Air」の新ラインアップとして提供するもの。今まで生産管理システムの導入が難しかった中小製造業に対して、システム活用と業務効率化を支援する。

 多品種小ロット生産で、加工を中心とする中小製造業向けのシステムとなっており、繰り返し使用しない品目のマスターは登録が不要で、すぐに運用が始められる。顧客は、工程進捗や負荷を確認しながら納期回答や、製造指図書・注文書の発行、売掛・請求、買掛・支払の一元管理が行える。モノづくりに関わる社内での円滑な情報共有ができるようになり、生産性向上と競争力強化につながる。

 クラウド型運用のため、導入企業はサーバーなどの初期費用を抑え、安価に利用することが可能なほか、社内に専任技術スタッフが不要となる。税別価格は月額3万5000円(5ID)から。大塚商会では、初年度で100社の販売を目標としている。