Skyは、ウェブサイト上のバーチャルイベント「Sky Technology Fair Virtual 2021」を7月12日に開幕した。開催期間は9月10日まで。


 今回のイベントでは、DXやコロナ禍の影響で変革の時代を迎えた今、組織のビジネスを新たなステージへと導く最新テクノロジーに関する情報を提供する。各分野のエキスパートによる特別講演や、同社が開発する最新ソリューション、先進技術への取り組みなどを映像・資料とともに多く公開している。

 主な内容として、イベントのテーマ「ニューノーマルを実装せよ!!」について、さらにクローズアップした特別コンテンツを2週間ごとにリニューアルして公開。各テーマに沿ったスペシャルライブをはじめ、魅力あるコンテンツをまとめて紹介する。

 1st Season(7月12~23日)は、「情報セキュリティの未来」。未知のサイバー攻撃が急増する中、ゼロトラストなどの新たな対策が必要不可欠な組織の情報セキュリティ。発想の転換が迫られるその実情と未来について、専門家が語る。

 2nd Season(7月26日~8月6日)は、「CASE時代の車載システム開発」。CASE時代の到来で、今後さらに大規模化・複雑化が進む車載システム開発について、完全自動運転の開発に向けた課題や、AI・画像認識技術などの活用を紹介する。

 3rd Season(8月16~27日)は「教育×ICT」。GIGAスクール構想によって進展した児童生徒1人1台端末と大容量高速ネットワークの整備を取り上げる。子どもたちの資質・能力を育成するための個別最適な学びと社会とつながる協働的な学びに向けて、ICTを活用した環境づくり、運用から見えてきた課題と解決のポイントなどを紹介する。

 4th Season(8月30日~9月10日)は「加速するDX」。ビッグデータやクラウドを活用した技術の活用など、DXの最新トレンドや今後について各コンテンツを公開する。

 また、時代の最先端を走るエキスパートによる講演も実施。他にも、組織の変革を加速させる最新ソリューションの一挙公開や、自社開発商品の最新バージョン・サービスの紹介、同社商品と連携して利用できる最新ソリューションの展示などのコンテンツを公開している。